空間を活かす、花展

b0114756_17435830.jpg
昨日からの3日間、東川登の古民家で花展が開催されています。 
(携帯電話しか持ち合わせておらず、写真の色彩がいまいちなのですが・・・。)

お話を伺ったところ、買い求められた花材はほとんど無いとのこと。
裏山の木々やご自宅の庭で育った植物、戴ものの花などを使っての花展だそうです。
b0114756_17442321.jpg

「自然の中で種が落ち、芽ぶいて、花が開いて・・やがて葉が枯れて土にかえり・・
 そんな四季折々の命の姿を大切に、この場所に生けさせてもらっています。」

どこを切り取っても、古民家の壁の色・空気になじむ木々や紅葉、四方に広がる蔓(つる)など・・ダイナミックかつ繊細な、とても見ごたえある花展でした。
制作されたのは、小原流 百武社中の皆さんです。
b0114756_20245198.jpg

会期は明日、25日(水)までです。どうぞ、お立ちよりくださいませ。

時 間 : 午前10:00~午後6:00
場 所 : 食菜家 こずみ
      武雄市東川登町大字永野6793(武雄センチュリーホテルより嬉野方面へ約2㎞)
電 話 : 0954-22-2557



by みずぽん
by tgabbars | 2009-11-24 20:15 | 東川登町
<< 西谷峠の始まり  早起きで湖水まつり >>